インフルエンザ治療薬リレンザ

インフルエンザ流行前にリレンザで予防!保険は効く?

インフルエンザは普通の風邪の症状に比べて高熱が出ることが特徴です。冬場に大流行することが多く、感染してしまうとその感染力の強さから学校や会社などを休まなければならなくなります。子供が感染してしまうと、親は看病のために会社を休まなければならなくなってしまうため、なるべく感染させたくないものです。大流行シーズンの前に、リレンザを利用してインフルエンザの感染を予防しましょう。リレンザはインフルエンザの治療薬であり、予防薬でもあります。人間の身体に感染したインフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜から増殖していきます。

リレンザはウイルスが増殖する空気の通り道である気管に直接薬剤を吸い込むため、使用してすぐにウイルスの増殖を抑える働きがあります。リレンザを大流行シーズンの前に予防として利用する際に保険を使うことは出来るのでしょうか。
日本では、リレンザを予防として利用する場合には保険を使うことが出来ません。保険を利用できるのは症状が出て、病院の診断でインフルエンザだと言われた場合のみになるため全額自費で支払いをしなければならず、診察代と合わせると6000円前後の費用が必要となります。

一度の処方で10回の吸入分が処方され、予防としては1日1回の吸入を10日間続けることになります。しかし大流行シーズン前から服用をしていてもリレンザの効果は吸入している間だけで吸入をやめてしまうと再び感染しやすくなってしまいます。日頃から手洗いやうがい、部屋の加湿などでインフルエンザの感染対策を行いながら、どうしても休めない日にちに合わせてリレンザを服用するようにすれば費用を抑えながらも効率よく利用することが可能になります。