インフルエンザ治療薬リレンザ

リレンザの費用と幼児への使用の可否

秋から冬にかけて流行するのがインフルエンザです。このインフルエンザのA型、B型を治療したり、予防するのに効果的なのがリレンザです。治療や予防の目的に利用される抗インフルエンザウイルス薬で、専用の吸引器を使って吸引投与していきます。小児〜大人の治療に使用することができ、通常は一回10mgを1日2回、五日間専用の吸引器を使って吸引していきます。低出生体重児や新生児、乳児または四歳以下の幼児に対しては安全性が確立されていないため処方されることはないとされています。乳児に使用して乳児が死亡するケースも実際に存在しています。

リレンザの治療費は、吸引器にはブリスターと呼ばれる4つの凸部分がありその中に5mgの粉末状のリレンザを入れています。一回につきブリスター2つ分を使うため、1回2ブリスター×1日2回×5日間の治療費が必要となります。リレンザ5mgの薬価は173.50円とされているため、5日間で3,470円が一般的に一度購入するときにかかる薬の値段になります。保険適応をかけるとこの三割が負担となります。リレンザを処方してもらうためには、医師の処方箋が必要となります。また、薬局で購入する場合には調剤技術料や薬学管理料などの費用がかかるため治療費にはそれらがプラスされて患者の負担する金額になります。

また、予防を目的としている場合には保険適用外のため、全額負担となるため注意が必要です。予防を目的とした場合と、治療を目的とした場合では薬を使用する時の用法や用量、服用期間は異なってきます。また、治療と同様に乳児などは予防としても使用は控えることとなっています。インフルエンザは早期治療を始めることで、重症化を防ぐことができます。