インフルエンザ治療薬リレンザ

リレンザを使用する子どもが多い理由とは

リレンザはインフルエンザの際に使用される薬です。インフルエンザの際に使用される薬としてはタミフルやイナビルもありますが、統計的にみて子どもに多く処方されているのはリレンザです。リレンザは吸入タイプの薬で、子どもが一人で使用するのは難しい薬です。容器を水平に持たなければいけなかったり、吸うタイミングが合わなかったりと最初はうまくできないことが多いです。そのため医療機関において練習をしてから処方されることが多く、家庭でも吸う際には寄り添って手助けをする必要があります。

リレンザが処方されることが多いのはタミフルを服用した際、異常行動が見られることが多いからです。統計では10代の子どもに多く見られ、飛び降りや突然歩き出す、意味の分からないことを話し始めるといったことが見られます。インフルエンザの症状でもこのようなことがあるため、タミフルとの因果関係はわかりませんが、10代へのタミフルの使用は原則的に控えられています。統計ではリレンザを使用した時も異常行動を起こすことがあり、抗インフルエンザ薬を使用した時は目を離さないなど注意をしなくてはなりません。

インフルエンザは子どもがかかると重症化することがあります。インフルエンザとわからずピリン系の薬を服用した場合など、インフルエンザ脳症や脳炎を引き起こしてしまうこともあります。そのため高熱が出てぐったりしているようなときは市販の薬を服用せず、医療機関を受診した方が安心です。インフルエンザに感染した時は脱水症状に気を付け、食べられるものを少しずつあげるようにします。その際、2次感染を防ぐためにも手洗いをしたりマスクを着用するようにします。ウイルスは空気中を漂うため、換気や湿度管理をすることも大切なこととなります。